全300家族が集うビッグコミュニティとしての揺るぎない存在感を漂わせる地上15階建ての悠然たる造形。ペデストリアンデッキに面する部分には植栽を豊富に配し、多摩センターらしい緑豊かな景観を生み出すことで街並みに潤いを創出。ファサードを構成するバルコニーには、豊富な植栽が彩る緑景に調和するナチュラルなテイストの木調ルーバーと、洗練された都市建築をイメージさせるガラス手摺りを組み合わせることで、独創的で印象的な表情が生まれるようコーディネート。住まう方が誇りと愛着を持てる佇まいを目指しました。

敷地面積約8,300m²の広がりある敷地は、2面接道で開放感にも恵まれています。住棟は、敷地南側に南東・南西向き中心にゆったりと配し、陽光に恵まれた明るい住戸環境を実現するとともに、住戸からの眺望にも配慮。広々とした敷地を活かし、100%の駐車場や緑豊かな植栽スペースなどのほか、住棟内にもカフェやキッチンスタジオなどの共用部も充実させています。また、多摩の里山を思わせる緑の風景も創出する計画で、街の魅力と調和する環境に包まれて暮らせるステージを目指しています。

落ち着いた居住ゾーンに位置し、近くには自然の潤いを感じさせる緑豊かな公園も広がる立地に調和するよう、穏やかな表情の中に品位を湛える外観デザインを計画。風合いにこだわって焼き上げたオリジナルの磁器質タイル、意匠を凝らしたマリオン、上層階へいくにつれセットバックするResidence Cのスカイライン。奥深い印象を与える工夫を随所にちりばめ、この地にふさわしい景観を創出するよう配慮を尽くしました。

※掲載の外観完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色彩・植栽等は実際と異なります。なお、外観形状細部・設備機器等の詳細等は表現しておりません。また、敷地内のみを表現したもので、周囲の建物・電柱・標識・ガードレール等は再現しておりません。外観完成予想CGに表現されている植栽は竣工から初期育成期間を経た状態のものを想定して描いております。施工上の理由および改良のため、変更になる場合がありますので、ご了承ください。
※掲載の参考写真は計画段階のものにつき変更になる場合があります。